レイクとノーローンはどこが違うのか?

違いを探す画像
個人向けカードローンの中に「レイク」と「ノーローン」がありますが、レイクは新生銀行のカードローンで、ノーローンは新生銀行の子会社であるシンキのカードローンです。

同じ新生銀行系列のカードローンですが、内容に違いが少なくありません。ただ、レイクも過去には消費者金融であったため、単に、銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いであるとは言えない面があります。

レイクは新生銀行なので総量規制対象外!

まず、レイクは銀行カードローンであるため貸金業法の規定が適用されませんが、ノーローンは消費者金融カードローンであることから総量規制の対象になります。

カードローンの重要な要素である金利は、レイクが4.5~18.0%、ノーローンが4.9~18.0%なので、ほとんど変わりません。融資限度額はレイクが500万円となっており、ノーローンの300万円より200万円高くなっています。

借り入れに関しては、両者共に振込キャッシングやコンビニATMを利用できますが、ノーローンが楽天銀行を振込先に指定すると24時間の振込キャッシンに対応できるのに対し、レイクは24時間の振込先がありません。

また、コンビニATMの利用手数料において、レイクが無料サービスを提供しているのに対し、ノーローンは有料になっています。

返済方法については、両者共に利用者の保有している銀行口座からの引き落としが可能ですし、ペイジーを利用したインターネット振込にも対応しています。

返済方式も共に元利均等残高スライド方式であり、返済期日に関しても口座引き落としでなければ利用者の任意の日を指定できるようになっています。ただ、レイクは元利均等残高スライド方式の他に元利均等定額方式があり、2つの返済方式の中から利用者が選択できるようにしてあります。

ノーローンの無利息はなんどでも1週間無利息!

両者の全く違うサービスが無利息期間です。レイクは借入額全額が30日間無利息と5万円のみ180日間無利息の2つのサービスを提供しており、ノーローンは何度でも7日間無利息のサービスを提供しています。

無利息期間のサービスを提供している業者は他にもいくつかありますが、何回でも利用できるのはノーローンだけであり、また、2種類の無利息期間のあるのはレイクだけです。

なお、ノーローンには利用するごとにポイントの付くサービスがあり、貯まったポイントは楽天やネットマイルなどのポイントと交換できます。

ちなみに、ノーローンは自社の店舗が無いため独自の自動契約機やATMがありません。そのため、レイクの自動契約機とATMを利用するようになっています。また、レイクのATMを利用した場合は手数料が無料となります。

ノーローンとレイクでは新生銀行と子会社によって、ここまで違いがあります。このような関係は、三井住友銀行カードローンとプロミスや、三菱東京UFJ銀行カードローンとアコムもあります。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめカードローンランキング!

  1. No.1みずほ銀行カードローン

    上限金利14.0%はトップクラスの低金利!

  2. No.2オリックス銀行カードローン

    提携ATM手数料が終日0円!