東京スター銀行の隠されたデメリットとは?

総量規制対象外の銀行カードローンで、知名度も高いのは東京スター銀行と言えるでしょう。

東京スター銀行はフリーローン専用のカードローンから、おまとめローン、のりかえ(借り換え)ローンまであり、その幅広い商品性と、以前頻繁に行われていたテレビコマーシャルの影響で知っている人は多い銀行です。

特におまとめローンは銀行カードローンの中でも、おまとめ専用ローンとして需要が多くあり、消費者金融やクレジットカードのキャッシングを複数社まとめるには最適なローンとも言えます。

東京スター銀行のメリットは、銀行ローンに代表する低金利と、限度額が高いこと、そしておまとめや借り換えローンだとしても、決められた限度額内で繰り返し借入ができる点です。

しかし、あまり知られていないデメリットとして、必ず東京スター銀行の普通預金口座開設が条件となっており、それは審査前に手続が必要になっていることです。

東京スター銀行では審査前に銀行口座開設手続きが必要!

通常、銀行カードローンは確かにその銀行の普通預金口座を開設することが借入条件になっているのが多数ありますが、ほとんどは、審査を通過した場合に融資を振込で受けるために開設をしなければなりません。

一方、東京スター銀行では、銀行口座を開設しなければ、審査も受けられないことになっており、これは借り手側から見れば、相当なデメリットになっています。

仮に、口座を作ったとしても、借入の審査に通過しなければ、作った口座は使うことが無く、はっきり言って無駄になってしまうからです。

口座解約の手続きをすれば問題ありませんが、解約の手続きもめんどくさい人にとっては、融資を受けられずにただ単に銀行口座を作っただけになってしまいます。

銀行カードローンで口座開設が必要な、りそな銀行では銀行カードローン審査に通った後に口座開設手続きとなりますので、審査に落ちた人は、普通預金口座を作らなくてもOKとなっています。

これはあまり知られていませんが、東京スター銀行を申込みしようと考えている人は、そのようなデメリットを知った上で申込みしないと、後々口座だけ残ってしまうといったことになりますので、注意が必要です。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめカードローンランキング!

  1. No.1みずほ銀行カードローン

    上限金利14.0%はトップクラスの低金利!

  2. No.2オリックス銀行カードローン

    提携ATM手数料が終日0円!