銀行カードローンは本当に低金利なのか?

銀行カードローンは低金利というイメージを持っていませんか?銀行というだけで金利が低いと思っていませんか?

これには大きな落とし穴があり、銀行カードローンだからと言って、信用してしまうと、消費者金融と同じ金利になる場合も充分に考えられるのです!

例えば、新生銀行カードローンレイク。こちらは新生銀行のローンとなっていますが、金利は4.5%~18.0%となっており、仮に10万円借りた場合は金利は18.0%になります。

18.0%の金利というのは、消費者金融のアコムやモビットと全く同じ金利なのです。

カードローンで低金利かどうかを判断する簡単なポイントとしては、10万円借りたときの金利がいくらなのか?

これを比較していけば、おのずと低金利なカードローンが分かってきます。

なぜ10万円で比較するのか?

なぜ10万円借りた場合の金利で比較するのかと言えば、少ない限度額で借りた方が上限金利が分かるからです。

仮にプロミスで10万円借りた場合、金利は17.8%となります。しかし、オリックス銀行カードローンで10万円借りた場合も、ほとんどが金利17.8%となります。

このことから、プロミスと、オリックス銀行カードローンの金利は少ない金額であれば同じ金利となるのです。

逆に、モビットでは10万借りた場合、18%ですが、みずほ銀行カードローンで10万円借りた場合は14.0%で借りられます。この差は4%です。楽天銀行カードローンで10万円借りた場合は金利14.5%となりますので、差は3.5%です。

これぐらいの金利であれば銀行カードローンは低金利と言っても良い部類でしょう。

しかし、新生銀行カードローンレイクや、オリックス銀行カードローンは借りる金額によっては消費者金融と同じ金利になりますので、低金利なのか?と言われれば、少ない金額を借りる場合は低金利では無いと言えるのです。

あくまで銀行カードローンは会社によって金利が異なります。銀行だからと言ってすべて低金利だと思うのは非常に危険なのです。しかしながら銀行カードローンは総量規制対象外となり、総量規制対象外即日融資も兼ねていることは消費者金融に比べて大きな魅力の一つなのです。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめカードローンランキング!

  1. No.1みずほ銀行カードローン

    上限金利14.0%はトップクラスの低金利!

  2. No.2オリックス銀行カードローン

    提携ATM手数料が終日0円!