総量規制対象外の審査は厳しいのか?

総量規制対象外とは銀行カードローンですが、銀行カードローンの審査は厳しくて借りられないと思っている人が多いようです。

それは当たりでもあり、外れでもあります。確かに銀行カードローン審査は甘くありません。一般的には消費者金融よりも当然厳しく、勤続年数や収入などの属性が大きく関わってくるのです。

ですから、収入が極端に少ないアルバイトの人や、派遣会社、契約社員の人などは、銀行カードローンの審査は厳しくなることが予想されます。

それに尚且つ、勤続年数が短ければより一層審査に通る可能性は低くなると言って最寄でしょう。

消費者金融の審査は通りやすいのか?

それに比べて消費者金融の審査は銀行カードローンよりもハードルが低いと言って良いと思います。ただし、消費者金融には総量規制という年収3分の1以上は貸付禁止となっていることがありますので、一概に消費者金融の方が審査が甘いとは言えないのです。

それは、銀行カードローンなら総量規制対象外になりますので、年収の3分の1の貸付制限はありません。もし、勤続年数や年収などの与信が高いひとならば、消費者金融では総量規制によって、借りられない可能性がありますが、銀行カードローンであれば、与信が高ければ、融資を受けられる可能性はあり、おまとめローンや借り換えローンなどの融資提案も受けることができるのです。

それを考えた場合、今の総量規制では消費者金融は逆に審査が厳しいと捉える人もいます。銀行カードローンは年収規制が無いと言っても、審査が甘いわけではありませんので、消費者金融・銀行カードローンの双方のメリット・デメリットを考えたうえで審査申込みすることが最も重要なことなのです。

総量規制対象外で選ぶならレイクは意外におすすめ!

総量規制対象外の銀行カードローンで選ぶならレイクはけっこうおすすめと言えます。金利(実質年率)は4.5%~18.0%となっており、上限金利が18.0%の為、消費者金融同様、100万円未満の借入は18%になる可能性が高く、金利だけで考えれば高いと言えますが、最大のメリットは、総量規制対象外による、年収3分の1規制が無いこと、そして最大180日間の無利息が可能なこと、銀行カードローンでも最短即日で振込してくれることです。

銀行カードローンで振込融資を即日してくれるのは、レイク以外にはあまりありません。そして100万円以下は収入証明書不要となっていることも、大きなメリットと言えます。消費者金融に銀行カードローンの良い点を含んだのが、新生銀行カードローンレイクなのです。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



おすすめカードローンランキング!

  1. No.1みずほ銀行カードローン

    上限金利14.0%はトップクラスの低金利!

  2. No.2オリックス銀行カードローン

    提携ATM手数料が終日0円!