総量規制によって被害を受けた人達

総量規制とは2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行となったことで導入されました。簡単に言えば、それまで貸す・貸さないの判断は消費者金融などの貸金業者に委ねられていましたが、2010年6月18日以降は強制的に年収の3分の1までしか借りることができなくなったのです。この規制のことを総量規制と言います。

規制ができれば、必ず歪が生じます。それまで問題無く借入ができていた人も総量規制によって、借りられなくなったのです。

貸金業者が規制になることは、消費者金融が規制されることと思ってもらえば簡単ですが、消費者金融は庶民金融として多くの人達の生活を支えてきました。

それは中小・零細企業の資金繰りや家計などの生活費として借りる主婦、給料日前の補てんとして借りるサラリーマンなど。銀行が融資ができない層へ消費者金融はその人の信用のみで現金を融資し、尚且つ借入の事実を知られないようにプライバシー保護にはこれでもかと言うほど気を遣っていたのです。

しかし、この総量規制ができたことによって、消費者金融が絶対的に貸せない人が出てくるのです。それは年収の3分の1以上負債がある人、自営業者で所得が少ない人、そして収入が無い専業主婦の人達です。

多重債務者と専業主婦が同じ扱いを受ける矛盾

総量規制の目的は今後多重債務者を作らないことです。しかし、総量規制は多重債務者だけが借りられなくなったのではなく、専業主婦も借りられなくなりました。

あくまで年収の3分の1までしか貸付ができない法律のことから、収入が全くない専業主婦は1円も借りることはできなくなったのです。

しかし、専業主婦は多重債務者と違って、一切借金が無い人も多くいます。そして、収入は無くても家計を管理していることから、配偶者に収入があれば、問題なく返済できる人はかなり多くいるのです。

ですが、総量規制はそのことは無視して導入となったことで、今まで問題なく借りられていた専業主婦はその日から限度額内での追加借入も禁止となってしまったのです。

総量規制は多重債務者対策ですが、このように問題が無い人にも規制を受けることで被害を蒙っているのは確かなことです。

専業主婦は消費者金融からは借りられませんが、総量規制対象外の銀行カードローンなら借りられるといった、おかしな現象が今実際におきているのです。

この点が総量規制の見直しする大きな問題ではないでしょうか?

総量規制には例外と除外、対象外がありますが、おまとめローンは総量規制例外貸付として認められています。総量規制によって借りられない人などは、おまとめローン比較で、検討してみるのも良いと思います。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめカードローンランキング!

  1. No.1みずほ銀行カードローン

    上限金利14.0%はトップクラスの低金利!

  2. No.2オリックス銀行カードローン

    提携ATM手数料が終日0円!