キャッシング金利はどこを見る?

キャッシングカードローンを選ぶとき、多くの人は金利を重要視していると思います。

しかし、多くの人はキャッシングの金利の見方を分かっていません。

分かっていないと言うのは、見るポイントが間違っているということです。キャッシングの金利は下限金利~上限金利という表示の仕方をしています。

ほとんどの人が注目しているのは左側の下限金利なのです。例えば、金利4.1%~18.0%という金利表示だった場合、左側の4.1%が下限金利、右側の18.0%が上限金利と言います。

人間どうしても、低金利で借りたい場合、左の下限金利の方を基準に選んでしまうのですが、本当に注目してみるのは、上限金利の方なのです。

キャッシングの金利は上限金利を基準に見ること!

キャッシングの金利を選ぶときは上限金利を必ず基準に見ることが大事です。なぜなら、新規借入の時の限度額は平均50万円程度で、大きい人でも限度額100万円程度ではないでしょうが?

それぐらいの限度額の場合に最低の下限金利を設定するキャッシング会社など無く、ほとんどは上限金利での設定になるからです。

消費者金融であればその可能性は高く、100万円未満の借り入れの場合は必ずと言っていいほど上限金利が適用金利になります。

金利は審査次第と良く言われますが、それは間違っています。金利は貸付の限度額によって変わってくるものであり、増額などの既に利用をしている人であれば、利用中の返済履歴などで信用度を計り、金利を引き下げるケースもありますが、新規契約で信用が無いひとは限度額で金利は決まっているのです。

キャッシング比較サイト等で見るランキングは多くが下限金利順となっていますが、本来ランキングする順位は限度額ごとの金利ランキングにするべきなのです。

しかし、銀行カードローンであれば限度額ごとの金利はある程度分かりますが、消費者金融は借りたときの金利が事前にはっきりと分かりません。

審査結果の連絡時に金利が分かることになっていますが、思っていた金利と違っていたとしても、審査に費やした時間を考えれば無下に断って、次のキャッシング会社にまた審査をお願いすることは非常にテンションが下がることです。

そしてやむやむ自分の想像と違った金利で契約してしまうことはよくあるケースなのです。

このようなことが無いように、キャッシング金利の選び方は、必ず上限金利を基準にして選ぶことをおすすめいたします。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



おすすめカードローンランキング!

  1. No.1みずほ銀行カードローン

    上限金利14.0%はトップクラスの低金利!

  2. No.2オリックス銀行カードローン

    提携ATM手数料が終日0円!