総量規制対象外で借り換えするメリット

総量規制対象外には多くのメリットがあることをご存知でしょうか?総量規制対象外は銀行カードローンですが、銀行カードローンと消費者金融を比べたときには、メリットの多さに気が付くはずです。

銀行カードローンのメリットは、まず、金利が断然に低いことが挙げられます。銀行カードローンは上限金利15%以下になっているケースがほとんどで、消費者金融は上限金利が18%が多く、この時点で約3%の利息に違いがあると言えます。

そして限度額が高いのも銀行カードローンのメリットです。銀行カードローンは500万円以上の限度額がほとんどで、中にはみずほ銀行カードローンや、ジャパンネット銀行ネットキャッシングの最高1000万円のカードローンも存在しています。

ここまで限度額が高いのは、目的ローンでなければダメなのか?と言えばそうでもなく、銀行カードローンは事業性資金は不可ですが、原則使途自由のローンとなっているのです!

銀行カードローンで借り換えすれば金利が下がる!

高い限度額と、低金利のローンと考えたとき、銀行カードローンのメリットを最大限に引き出すのは、おまとめローンや借り換えローンを銀行カードローンですることです。

おまとめローンも借り換えローンも重要なポイントは低金利でおまとめ・借り換えすることが大切なことです。

そしておまとめ・借り換えでも複数をすることで金額は高額になることから、必然的に高い限度額のローンが重要視されます。

そのうってつけになっているのが、まさしく銀行カードローンなのです!

銀行カードローンは限度額が高くなるにつれて、金利も低くなっており、低金利な銀行カードローンであれば、100万円台からでも金利1桁のローンはあります。例えば、イオン銀行カードローンBIGは金利3.8%~13.8%と低金利の銀行カードローンで、限度額100万円~200万円は金利が8.8%となっています。

消費者金融なら限度額100万円であれば金利15%の可能性が高く、1桁の8.8%などは考えられない金利とも言えるのです。

このように低金利の銀行カードローンでおまとめ・借り換えした場合、毎月の金利負担は劇的に下がることになり、年間通して払い込みの金額はかなり減ることになるのです。

おまとめローン・借り換えローンをするならば、消費者金融ではなく、総量規制対象外の銀行カードローンですることをオススメします。

カードローン借り換えについて分からない方は、カードローン借り換え1.jp.netが分かりやすいサイトです。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



おすすめカードローンランキング!

  1. No.1みずほ銀行カードローン

    上限金利14.0%はトップクラスの低金利!

  2. No.2オリックス銀行カードローン

    提携ATM手数料が終日0円!