総量規制対象外のカードローンについて

総量規制は年収3分の1までしか借りられない貸金業法の規制ですが、総量規制には総量規制除外、総量規制例外、総量規制対象外なるものがあります。

総量規制除外・例外とも消費者金融(貸金業者)が行う特別条項ですが、総量規制対象外は、貸金業者に含まれない銀行等の金融機関での貸付を指します。

金融機関が貸付するローンなどは全て総量規制対象外となる為、年収による借入規制がないのです

総量規制対象外のカードローンはどこ?

総量規制対象外のカードローンは銀行のカードローンとなります。カードローンには消費者金融カードローンと、信販系のカードローン、銀行カードローンなどがあります。

注意したいのは、消費者金融カードローンで、銀行系と言われるカードローンは、銀行カードローンとは違うことです。

銀行系とは銀行の子会社やグループ会社が貸付しているカードローンで、具体的には三菱UFJフィナンシャルグループのアコム、三井住友銀行グループのモビット、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスなどが該当しますが、この銀行系カードローンは貸金業者になることから、銀行カードローンでは無く、総量規制(年収3分の1)の対象になります。

では、銀行カードローンとはどこなのか?それは銀行が直接貸付しているカードローンのことで、有名どころでは、三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードーン、楽天銀行カードローン、りそな銀行カードローンなどが総量規制対象外のカードローンとなるのです。

総量規制対象外のカードローンは専業主婦でも借入が可能!

総量規制対象外の銀行カードローンであれば、収入が無い専業主婦でも借入は可能となっています。それは年収による規制が無い為で、消費者金融であれば専業主婦は借りることができません。

一昔前は、専業主婦専門のレディースローンが消費者金融市場では大きな割合を占めていた時期がありました。夫の給料があれば、専業主婦でも消費者金融から内緒で借りることは簡単で、専業主婦の借金を知らない夫は多くいたのです。

しかし、貸金業法改正で、総量規制が導入されたことで、専業主婦が消費者金融から借りることはできなくなり、借りる為には夫の同意が必ず必要となったのです。

総量規制対象外のカードローンはこのように、消費者金融では借りられない専業主婦でも融資可能としている点が大きなポイントです。

消費者金融では借りられなくても、銀行では借りられる時代がついに到来したと言えます。

総量規制対象外を知るなら、インターネットで総量規制対象外即日で調べることをおすすめします。

低金利で借りられるとしても、借りるまでに2週間もかかるようでは、自分の計画が大幅に変更になりますし、何よりカードローンはすぐに借りれるからこそ需要があるのです。

総量規制対象外即日というキーワードは、そのまま即日審査もしくは、即日融資を指しています。早く借りたいならば、即日ワードは外せないからです。

たくさんのメリットがある銀行カードローンをよく吟味して選ぶことがおすすめと言えます。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめカードローンランキング!

  1. No.1みずほ銀行カードローン

    上限金利14.0%はトップクラスの低金利!

  2. No.2オリックス銀行カードローン

    提携ATM手数料が終日0円!