年収規定のある地方銀行のカードローンはどこ?

Posted on 2018年4月9日 in カードローン全般 by


都市銀行やネット専業銀行が販売しているカードローンというのは一般的に1種類になっていますが、地方銀行では数種類のカードローンを扱うのが当たり前になっています。

また、カードローンの利用条件は通常「年齢条件と安定収入」だけになっていますが、地方銀行の場合はカードローンの種類が多いため、一定額以上の利用限度額を希望する場合は相当の年収額が必要だったり、利用限度額の倍以上の年収を求められたりするものもあります。

そして中には、一定額以上の年収を満たしていないと利用できないカードローンもあります。

ただその代わり、通常では年収規定のあるカードローンの金利は一般カードローンの金利より低くなっているため、年収条件をクリアできる場合は年収規定付きカードローンを利用した方が絶対にお得です。

ちなみに、地方銀行の場合は都市銀行やネット専業銀行とは違い、当該銀行の営業エリア内に在住か、勤務していることを利用条件としているものが多くなっています。

年収規定のあるカードローンの中で、200万以上の年収を要求しているカードローンには以下のものなどがあります。

年収200万円以上必要な銀行カードローン

銀行商品名限度額金利その他条件
名古屋銀行新ミニマム200万円10.5%勤続1年以上
居住1年以上
北越銀行(新潟)プラスエル300万円7.5~9.8%
トマト銀行(岡山)MAX500万円5.5~12.5%勤続3年以上
もみじ銀行(広島)マイカードプレミアム500万円4.4~11.4%勤続3年以上
居住2年以上
広島銀行マイライフプラス500万円3.475~13.975%
島根銀行新型カードローン50万円13.5%勤続1年以上
居住1年以上
島根銀行プレミアムゴールドカードローン500万円7.05~11.05%勤続3年以上
居住2年以上

年収300万円以上必要な銀行カードローン

銀行商品名限度額金利その他条件
武蔵野銀行(東京)シグナス500万円7.0~10.0%勤続3年以上
限度額倍以上の年収
中京銀行ハイステージ300万円7.5%限度額倍以上の年収

年収400万円以上必要な銀行カードローン

銀行商品名限度額金利その他条件
第三銀行(三重)エグゼクティブone500万円4.4~8.6%給与振込、限度額ごとの年収規定
池田泉州銀行(大阪)MaxV500万円5.95%勤続2年以上
2年以上の銀行取引
山口銀行マイカードプレミアム500万円4.4~11.4%勤続3年以上
利用限度額倍の年収
西日本シティ銀行(福岡)V-CLASS300万円7.1%
長崎銀行V-CLASS300万円7.1%
肥後銀行(熊本)ベストアシスト300万円7.15%

年収500万円以上必要な銀行カードローン

紀陽銀行(和歌山)ステータス500万円5.2%勤続3年以上

年収600万円以上必要な銀行カードローン

香川銀行プレミアムタイプ500万円3.9~4.5%勤続3年以上
給与振込か住宅ローンの利用

地方銀行のカードローンタイプ「教育ローン」とは?

消費者金融のカードローンでは専業主婦に対する貸出をしているところがほとんどありません。その点、銀行カードローンは総量規制の規定が適用されないためか、職業や収入形態における差別なく貸出をしているものが多くなっています。

ただ、地方銀行のカードローンはアイテムが多いことから、住宅ローン利用者や給与振込利用者など、特定の利用者専用のカードローンも販売しています。そして、学生の子どもを持つ親のためのカードローンが「教育ローン」です。

もともと、カードローンは借入金の使途が自由なので、教育費に回すこともできますが、教育ローンの方が金利などの面で有利になっているため、教育費に使うなら教育ローンの方が絶対にお得です。

なお、教育ローンというと一度借り入れたお金を長期間で返済していく「証書貸付」が一般的ですが、最近では「カードローン」形式のものも増えており、利用限度額の範囲内ならいつでもATMから追加の借入ができるようになっています。

ちなみに、借入金の使途は授業料や学習用品費、通学費用、下宿代などの教育資金に充てるのが原則となっていますが、ATMから借り入れることができるため、他の用途に利用することも実質的には可能ですが、プロミスの審査のようにすぐに審査結果が出て借りれることは無いので、時間に余裕をもって申込することが必要となります。

カードローンタイプの教育ローンは以下のような内容が一般的になっています。

横浜銀行

貸出限度額は1,000万円で、金利はインターネットから申込むと2.9%、店頭や郵送で申込むと3.45%であり、どちらも通常のカードローンと比べると非常に低い金利で借りられます。

さらに、バンクカード、マイダイレクト、公共料金の引き落とし、給与の振込を利用していると各0.1%ずつ金利が割り引かれるため、最高で0.4%の金利を下げることができます。

借入期間は3年以上17年以内(カードローン期間は在学期間を限度として2年以上7年以内)で、カードローン期間中の返済については毎月10日に横浜銀行の口座から「利息のみ」を支払います。

元金は卒業後に元利均等払いで返済していきますが、その時は証書貸付に切り替わります。

千葉銀行

貸出限度額は1,000万円で、金利は2.2~2.4%です。なお、金利の割引サービスがあり、「こども積立」か「チーパス」を利用していると0.1%、住宅ローンを利用していると0.2%の金利が下げられます。

貸出可能期間は6年6か月以内で、返済期間は10年以内です。なお、貸出可能期間は在学期間内、且つ契約日から1年以上6年6か月以内となります。

貸出可能期間中の返済は据え置かれ、貸出可能期間終了後に一括して返済するか、若しくは証書貸付方式に切替えて分割して返済することになります。

レイクとノーローンはどこが違うのか?

Posted on 2016年10月18日 in カードローン全般 by

違いを探す画像
個人向けカードローンの中に「レイク」と「ノーローン」がありますが、レイクは新生銀行のカードローンで、ノーローンは新生銀行の子会社であるシンキのカードローンです。

同じ新生銀行系列のカードローンですが、内容に違いが少なくありません。ただ、レイクも過去には消費者金融であったため、単に、銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いであるとは言えない面があります。

レイクは新生銀行なので総量規制対象外!

まず、レイクは銀行カードローンであるため貸金業法の規定が適用されませんが、ノーローンは消費者金融カードローンであることから総量規制の対象になります。

カードローンの重要な要素である金利は、レイクが4.5~18.0%、ノーローンが4.9~18.0%なので、ほとんど変わりません。融資限度額はレイクが500万円となっており、ノーローンの300万円より200万円高くなっています。

借り入れに関しては、両者共に振込キャッシングやコンビニATMを利用できますが、ノーローンが楽天銀行を振込先に指定すると24時間の振込キャッシンに対応できるのに対し、レイクは24時間の振込先がありません。

また、コンビニATMの利用手数料において、レイクが無料サービスを提供しているのに対し、ノーローンは有料になっています。

返済方法については、両者共に利用者の保有している銀行口座からの引き落としが可能ですし、ペイジーを利用したインターネット振込にも対応しています。

返済方式も共に元利均等残高スライド方式であり、返済期日に関しても口座引き落としでなければ利用者の任意の日を指定できるようになっています。ただ、レイクは元利均等残高スライド方式の他に元利均等定額方式があり、2つの返済方式の中から利用者が選択できるようにしてあります。

ノーローンの無利息はなんどでも1週間無利息!

両者の全く違うサービスが無利息期間です。レイクは借入額全額が30日間無利息と5万円のみ180日間無利息の2つのサービスを提供しており、ノーローンは何度でも7日間無利息のサービスを提供しています。

無利息期間のサービスを提供している業者は他にもいくつかありますが、何回でも利用できるのはノーローンだけであり、また、2種類の無利息期間のあるのはレイクだけです。

なお、ノーローンには利用するごとにポイントの付くサービスがあり、貯まったポイントは楽天やネットマイルなどのポイントと交換できます。

ちなみに、ノーローンは自社の店舗が無いため独自の自動契約機やATMがありません。そのため、レイクの自動契約機とATMを利用するようになっています。また、レイクのATMを利用した場合は手数料が無料となります。

ノーローンとレイクでは新生銀行と子会社によって、ここまで違いがあります。このような関係は、三井住友銀行カードローンとプロミスや、三菱東京UFJ銀行カードローンとアコムもあります。

東京スター銀行の隠されたデメリットとは?

Posted on 2015年6月30日 in 総量規制対象外 by

総量規制対象外の銀行カードローンで、知名度も高いのは東京スター銀行と言えるでしょう。

東京スター銀行はフリーローン専用のカードローンから、おまとめローン、のりかえ(借り換え)ローンまであり、その幅広い商品性と、以前頻繁に行われていたテレビコマーシャルの影響で知っている人は多い銀行です。

特におまとめローンは銀行カードローンの中でも、おまとめ専用ローンとして需要が多くあり、消費者金融やクレジットカードのキャッシングを複数社まとめるには最適なローンとも言えます。

東京スター銀行のメリットは、銀行ローンに代表する低金利と、限度額が高いこと、そしておまとめや借り換えローンだとしても、決められた限度額内で繰り返し借入ができる点です。

しかし、あまり知られていないデメリットとして、必ず東京スター銀行の普通預金口座開設が条件となっており、それは審査前に手続が必要になっていることです。

東京スター銀行では審査前に銀行口座開設手続きが必要!

通常、銀行カードローンは確かにその銀行の普通預金口座を開設することが借入条件になっているのが多数ありますが、ほとんどは、審査を通過した場合に融資を振込で受けるために開設をしなければなりません。

一方、東京スター銀行では、銀行口座を開設しなければ、審査も受けられないことになっており、これは借り手側から見れば、相当なデメリットになっています。

仮に、口座を作ったとしても、借入の審査に通過しなければ、作った口座は使うことが無く、はっきり言って無駄になってしまうからです。

口座解約の手続きをすれば問題ありませんが、解約の手続きもめんどくさい人にとっては、融資を受けられずにただ単に銀行口座を作っただけになってしまいます。

銀行カードローンで口座開設が必要な、りそな銀行では銀行カードローン審査に通った後に口座開設手続きとなりますので、審査に落ちた人は、普通預金口座を作らなくてもOKとなっています。

これはあまり知られていませんが、東京スター銀行を申込みしようと考えている人は、そのようなデメリットを知った上で申込みしないと、後々口座だけ残ってしまうといったことになりますので、注意が必要です。

カードローンと収入証明書の関係

Posted on 2015年2月23日 in 総量規制対象外 by

カードローンでは必ず収入証明書が必要と思っている人がいますが、むしろ、条件付きで収入証明書不要で借りられるところの方が今では増えてきています。

その条件とは何かというと消費者金融系のカードローンであれば借入金額が50万円以下なら収入証明書不要でカードローンを利用することができるのです。

銀行系のカードローンの場合であればさらに増えて、100万円以下は収入証明書不要としているところがほとんどです。なかには300万円以下までなら収入証明書不要というところもあるほどです。

ただし、それ以上の高額融資を受ける場合や、カードローン会社の独自の基準で借入金額が低くても収入証明書が必要になる場合があります。

もしも心配であれば、事前にカードローン会社に問い合わせをして収入証明書の提出の有無を確認することをオススメします。

いずれにしてもカードローンは収入証明書が不要というところがどんどん増えて、さらに利用しやすく進化していっています。

わずらわしさもほとんどなく、即日審査、即日キャッシングできるところもたくさんあるので困ったときには利用してみましょう。

死亡した場合カードローンは保険があるのか?

Posted on 2014年9月7日 in カードローン全般 by

カードローンから借入のある利用者が交通事故などで突然亡くなるということが少なくありません。

その場合は、遺族である相続人が返済の義務を負うことになりますが、ただ、民法では相続をするかどうかは相続人の自由とされているため、相続を放棄すれば借金の返済の義務が無くなります。

しかしながら、相続を放棄するとマイホームなどの財産の相続もできなくなります。

つまり、借金など負の財産だけを放棄することはできません。従って、残された財産と借金のバランスを考えて相続の可否を判断する必要があります。

実は、過去においては消費者金融審査ではカードローンを利用する際に、「借り手保険(消費者信用団体生命保険)」と呼ばれる生命保険に加入させられていました。

そして、万が一、利用者が死亡したり、高度障害になったりして借入金の返済が不能になった時には、保険会社から借入残高分の保険金が遺族ではなく、消費者金融に支払われるようになっていました。

なお、借り手保険の保険料は消費者金融が負担していましたが、実際には保険料分の経費は貸出金利に上乗せされていました。

当時の消費者金融カードローンの貸出金利は25%~29%になっていましたが、その中に生命保険会社に支払われる保険料のコスト分である3%~4%が含まれていました。

実は、消費者金融が利息制限法の上限金利(最高で20%)を守らなかったのは、この保険料の負担も影響しています。利息制限法の上限金利を守っていたのでは十分な利益を取れないことが違法な高金利を続けた要因の一つになっていました。

※今は死亡した場合の保険は改正貸金業法と共に廃止されていますので、ありません。

総量規制が撤廃される?総量規制緩和になるのか?

Posted on 2014年7月5日 in 総量規制 by

ここ最近ニュースを賑わせているのは、金融緩和の件です。金融緩和とは、貸金業者を対象とした改正貸金業法により、上限金利は29.2%⇒20%へ引き下がり、貸付は申込者の年収の3分の1までという総量規制ができました。

これによって、金利が下がった消費者金融会社は、貸倒を恐れ、リスクが高いと判断した人への融資は行えなくなり、金利が下がったことによって、全体的な収益も低下したことで、中堅や中小の消費者金融会社はことごとく廃業・倒産となりました。

金利だけでは無く、年収3分の1までの総量規制ができたことによって、大手以外の消費者金融会社はすでに借入している人からの申込みがほとんどですので、1/3規制によって貸付ができなくなったことも打撃の大きな要因となっています。

1/3規制はあくまで貸金業者のみですので、オリックス銀行カードローンなどの銀行貸付には関係が無く、多重債務者を減らす目的でもあまり意味が無い規制となっているのが現実です。

しかし、この上限金利引き下げと、総量規制について、自民党は見直し・撤廃をする方向で検討すると発表しました。

理由は、金利引下げと総量規制によって、中小・零細企業の資金繰りが厳しくなった。個人事業主などの借入ができなくなったことによって、経済全体を考えた場合、プラスになっていないといこうとです。

しかし、これはあくまで国会で可決した法律です。いまさらその施策は間違いでしたと言って、元に戻すとか、どれだけ適当なんでしょうか?

その間違った施策によって、多くの人が借りられなくなり、消費者金融会社も多くが倒産しました。そこで働いていた従業員も職をなくし、大変な思いをした人もいることでしょう。

法律を元に戻すことは、その法律は間違いだったと認めることと一緒です。当時は世論によって作られた風によって改正貸金業法は、深く議論もされずに国会を通ってしましました。

もしそれが間違いだったのならば、きちんと認め、関係者たちには謝罪をするべきだと思っています。

銀行カードローンは本当に低金利なのか?

Posted on 2014年6月18日 in 総量規制対象外 by

銀行カードローンは低金利というイメージを持っていませんか?銀行というだけで金利が低いと思っていませんか?

これには大きな落とし穴があり、銀行カードローンだからと言って、信用してしまうと、消費者金融と同じ金利になる場合も充分に考えられるのです!

例えば、新生銀行カードローンレイク。こちらは新生銀行のローンとなっていますが、金利は4.5%~18.0%となっており、仮に10万円借りた場合は金利は18.0%になります。

18.0%の金利というのは、消費者金融のアコムやモビットと全く同じ金利なのです。

カードローンで低金利かどうかを判断する簡単なポイントとしては、10万円借りたときの金利がいくらなのか?

これを比較していけば、おのずと低金利なカードローンが分かってきます。

なぜ10万円で比較するのか?

なぜ10万円借りた場合の金利で比較するのかと言えば、少ない限度額で借りた方が上限金利が分かるからです。

仮にプロミスで10万円借りた場合、金利は17.8%となります。しかし、オリックス銀行カードローンで10万円借りた場合も、ほとんどが金利17.8%となります。

このことから、プロミスと、オリックス銀行カードローンの金利は少ない金額であれば同じ金利となるのです。

逆に、モビットでは10万借りた場合、18%ですが、みずほ銀行カードローンで10万円借りた場合は14.0%で借りられます。この差は4%です。楽天銀行カードローンで10万円借りた場合は金利14.5%となりますので、差は3.5%です。

これぐらいの金利であれば銀行カードローンは低金利と言っても良い部類でしょう。

しかし、新生銀行カードローンレイクや、オリックス銀行カードローンは借りる金額によっては消費者金融と同じ金利になりますので、低金利なのか?と言われれば、少ない金額を借りる場合は低金利では無いと言えるのです。

あくまで銀行カードローンは会社によって金利が異なります。銀行だからと言ってすべて低金利だと思うのは非常に危険なのです。しかしながら銀行カードローンは総量規制対象外となり、総量規制対象外即日融資も兼ねていることは消費者金融に比べて大きな魅力の一つなのです。

総量規制対象外のカードローンで即日融資できるのは?

Posted on 2014年6月8日 in 即日融資 by

総量規制対象外の銀行カードローンで即日融資ができるのはかなり少ないのが現実です。代表的なものは、新生銀行カードローンレイクになります。

レイクは消費者金融と同じく、即日振込融資が可能となっており、総量規制対象外の銀行カードローンでも即日融資振込が可能となっています。

有名な三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックやオリックス銀行カードローンは、即日融資は基本的にはできません。

バンクイックは、即日融資を受けるためには、テレビ窓口へ行って、カード発行を受けなければなりません。その為、テレビ窓口へ行く事が必須となっており、振込で即日融資対応はしていないのです。

オリックス銀行カードローンも振込で即日融資はできません。ローンカードが届けば、その日に借り入れはできますが、カードが届くまでは融資は受けられないことになっています。

総量規制対象外で即日融資ならやはり新生銀行カードローンレイク!

総量規制対象外で即日融資を振込で受けるには、新生銀行カードローンレイクしかないことになります。もしくは、銀行カードローンにこだわらなければ消費者金融への申込みをした方が良いでしょう。

消費者金融はすべてと言って良いほど、即日振込融資をしてくれます。しかし、即日融資を受けるためには条件があり、平日14時までに契約完了が必要です。

その為には午前中にはインターネット等から申込みしておかなければなりません。もっと確実に融資を受けたいのであれば、前日の夜には申込みしておきましょう。

審査は申込み順となっていますので、早く申込みを完了した方が早く審査を受けられるのです。

カードローン即日融資はさまざまな条件があり、その条件をクリアしなければ借りられませんが、それほどに即日融資は信用と、その会社の審査レベルが試されると言っても過言ではありません。

総量規制対象外の審査は厳しいのか?

Posted on 2014年4月18日 in 総量規制対象外審査 by

総量規制対象外とは銀行カードローンですが、銀行カードローンの審査は厳しくて借りられないと思っている人が多いようです。

それは当たりでもあり、外れでもあります。確かに銀行カードローン審査は甘くありません。一般的には消費者金融よりも当然厳しく、勤続年数や収入などの属性が大きく関わってくるのです。

ですから、収入が極端に少ないアルバイトの人や、派遣会社、契約社員の人などは、銀行カードローンの審査は厳しくなることが予想されます。

それに尚且つ、勤続年数が短ければより一層審査に通る可能性は低くなると言って最寄でしょう。

消費者金融の審査は通りやすいのか?

それに比べて消費者金融の審査は銀行カードローンよりもハードルが低いと言って良いと思います。ただし、消費者金融には総量規制という年収3分の1以上は貸付禁止となっていることがありますので、一概に消費者金融の方が審査が甘いとは言えないのです。

それは、銀行カードローンなら総量規制対象外になりますので、年収の3分の1の貸付制限はありません。もし、勤続年数や年収などの与信が高いひとならば、消費者金融では総量規制によって、借りられない可能性がありますが、銀行カードローンであれば、与信が高ければ、融資を受けられる可能性はあり、おまとめローンや借り換えローンなどの融資提案も受けることができるのです。

それを考えた場合、今の総量規制では消費者金融は逆に審査が厳しいと捉える人もいます。銀行カードローンは年収規制が無いと言っても、審査が甘いわけではありませんので、消費者金融・銀行カードローンの双方のメリット・デメリットを考えたうえで審査申込みすることが最も重要なことなのです。

総量規制対象外で選ぶならレイクは意外におすすめ!

総量規制対象外の銀行カードローンで選ぶならレイクはけっこうおすすめと言えます。金利(実質年率)は4.5%~18.0%となっており、上限金利が18.0%の為、消費者金融同様、100万円未満の借入は18%になる可能性が高く、金利だけで考えれば高いと言えますが、最大のメリットは、総量規制対象外による、年収3分の1規制が無いこと、そして最大180日間の無利息が可能なこと、銀行カードローンでも最短即日で振込してくれることです。

銀行カードローンで振込融資を即日してくれるのは、レイク以外にはあまりありません。そして100万円以下は収入証明書不要となっていることも、大きなメリットと言えます。消費者金融に銀行カードローンの良い点を含んだのが、新生銀行カードローンレイクなのです。

総量規制対象外なら収入証明書は不要!

Posted on 2014年3月12日 in 収入証明書不要 by

2010年に総量規制ができてから、キャッシングカードローンの審査には収入証明書が必要となりました。

収入証明書とは、サラリーマンの人は源泉徴収票や、直近の給料明細書2ヵ月分、自営業者であれば確定申告書になります。市役所へ行けば自分の所得証明書を出してくれます。

このような書類は普段から持っている人は少なく、急に出費が出て、カードローンを申込みしようと思っても、収入証明書が無ければ借りられない場合もあるのです。

総量規制対象外のカードローンなら収入証明書不要!

収入証明書が無いからといって借りることを諦める必要はありません。なぜなら、総量規制対象外の銀行カードローンであれば収入証明書不要で借りることができるのです!

消費者金融では50万円超の借入の場合には収入証明書が必要となりますが、銀行カードローンであれば100万円以下は収入証明書不要となっており、オリックス銀行では300万円、ジャパンネット銀行ネットキャッシングなら200万円など、銀行によって収入証明書不要の金額も違っています。

なぜ銀行カードローンは収入証明書が必要ないかと言えば、銀行カードローンは収入証明書の取得義務を定めた、総量規制の対象外となるからです。

総量規制とは貸金業法の法律であり、その規制を受けるのは貸金業者のみです。銀行は貸金業者では無い為、収入が無い専業主婦への貸付も可能で、収入証明書も不要でOKとなっているのです。

しかも、今の銀行カードローンは格段に審査スピードと即日融資対応は進化しており、楽天銀行カードローンならば最短即日審査・即日融資可能となっています。

これは消費者金融と同じレベルまで銀行カードローンが上がってきている証拠です。

収入証明書はもともと総量規制が導入される前までは必要ありませんでした。高額のおまとめローンや借り換えローンなど、慎重な審査を行う場合は必要になるケースもありましたが、100万円以下の小口融資の場合はほとんどが収入は自己申告としており、消費者金融もその申告から貸付可能額を判断していたのです。

このことから、収入証明書が無くて不利になるデメリットは存在せず、ただ単に総量規制によって必要と決められたから、収入証明書を取得しているだけにすぎません。

収入証明書が持ち合わせていない人や、無い人などは、総量規制対象外の銀行カードローンへ申込みする事が1番良い方法となるのです。